日毎の一覧: 2015-06-05

菖蒲湯は長野で6月5日(旧暦のこどもの日) Shobu (Calamus) Bath for June 5th (in Nagano)

菖蒲湯(しょうぶゆ)。 普段はこどもの日に合わせて5月5日ですが、雪国である長野県の場合、菖蒲の成長が1か月遅れて、旧暦のこどもの日との事で、菖蒲湯は6月5日です。

うちの前島おじさんによると:

端午の節句は「菖蒲の節句」とも伝われ、菖蒲湯に入ることで邪気を払い厄病を除くと伝われています。実際菖蒲に含まれる「精油」という成分が、血液の循環を良くし、新陳代謝を促すことで、疲れを取る効果があるといわれています。

古代のエジプトやギリシア、ローマで菖蒲が香水や薬として使われているらしい。

古代から今日の亀清の温泉へ、菖蒲の力で健康になるように!

6 05 2015 shobu
Shobu ...

もっと読む

御開帳の回向柱の梵字 The Gokaicho ‘Eko-Bashira’ Pillar’s Sanscrit

七年に一度の御開帳は無事に終わりました。皆さんは善光寺で参拝なされた時に回向柱を触れましたか?その回向柱の上部を見た事がありますか?梵字で何かが書いてある。いつもどういう意味なのかと不思議に思っていました。

17031778774_fb75fdd4ca_z

この戸倉上山田温泉の上の善光寺別院もこの4月・5月で御開帳が行われて、長野市の善光寺と同じように本堂の前に回向柱が立てられています。これも、謎の梵字が。この間のお朝事の当番の時に、住職にお聞きしました。教えて頂いたのは、

4面とも、同じ梵字が書いてある。ただし、良く見たら、向かって右の面は梵字の右側に二つの点が付いていて、裏面の梵字の上に一点が付いていて、向かって左側の面の梵字の上左にチョンが付いています。点とかチョンを付ける事によって「ン」とか「ク」が付いたり、またはのばしたりするそうです。真正面の何もついていない梵字はキャカラバアと読む...

もっと読む