おもてなしエキスパート認定?! Omotenashi Expert Certificate?!


我が亀清旅館は「青い目の若旦那のおもてなし」をスローガンにしています。しかし、実に言えば私は日本の「おもてなし」をまだまだ勉強中です。一生をかけても、マスター出来ないと思いますが、少しずつ上手になる様に努力しています。

ですから、千曲市観光協会から「おもてなし講座」の知らせがあった時に、飛んで行きました。

「日本おもてなし推進協議会」のカリスマインストラクター4人にての講座でした。

最初からは雰囲気がちょっと硬い…
写真撮影禁止
資料を他人に見せるのは禁止
講座中で腕組み、足組み禁止。

そして、普段は3時間の研修が90分で短くする…と言いながら最初の30分は今まで何万人にこの講座をやったかと言う自慢話ばかり。
(ちなみに、最後は私が受講者の代表として感想を、と頼まれた。舞台になった時に、カリスマインストラクタの一言、「えっ、外国人?初めて。」えっ?先に「何万人」にと自慢していたジャン。疑っちゃわれるよ!)
(ちなみに、「日本のおもてなしは世界の中でも凄い!」と言いながら、「日本人は遠慮し過ぎなのでもっと手振り身振りを使わなっきゃ」とか、どっちやねん?)

その間、実は私が外の道の雪が心配でした。この頃の大雪で温泉がの本通りの除雪が遅れて、お越しになるお客さんに「この町はやる気がないのか?」と泣かせる話ばかりで、

何が「おもてなし」か何が「リップサービス」か分からない!

結局、90分間(実は60分)の講座でエキスパートで
認定して頂きました。

じゃ、このエキスパート認定証を置いておいて、スコップを使って、お越しになるお客様に恥をかけないように雪かきします。






コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.