月毎の一覧 September 2013

会席料理って、どこから食べる?刺身ルール Where do you start with a Kaiseki dinner? The Sashimi Rule


上山田温泉旅館組合の総会が晴山さんで行われた。その後の懇親会でこんな豪華な刺身が出ました。折り紙の鶴は良い演出ですし。大変ご馳走様でした。

ちなみに、亀清旅館で外国のお客様に会席料理を出す時に必ず聞かれます: 「どこから食べたら良い?」

つまり、あんな品数に慣れていない訳。旬の物、酢の物、お造り、台の物、蒸し物等など、あまりにも多い品数で驚きます。どこから食べるのに悩んでしまう。

そこで、私がいつも答えるのは、

二つな考え方がある。
一つは温かい物から。焼き魚とか茶わん蒸しは冷めない内に食べた方が美味しいから。
もう一つは、人間っていつ死ぬか分からないから、刺身から...

もっと読む

信州らしい風景: 蕎麦畑 Quintessential Nagano Scene: Buckwheat Field


駒ヶ根の蕎麦畑
天竜川の近辺
中央アルプスの背景で

新そばは楽しみに♪

Buckwheat field in Komagane City,
Near the Tenryu River,
Chuo (Central) Alps in the Distance.

I am looking forward to eating soba noodles made from new crop buckwheat!






もっと読む

ユニーク長野:養命酒の工場見学 Unique Nagano: Yomeishu Factory Tour


Yomeishu Komagane Plant with the Southern Japanese Alps in the distance

駒ヶ根市周辺に独特な工場見学はいくつかがある。以前はマルスウィスキーと南信州ビール工場の事を書いた。マルスウィスキーは世界レベルで注目されているので、お勧めです。

しかし、もっともっと「信州らしい」のは養命酒の駒ヶ根工場。

薬用養命酒は14種類の生薬で作られて、その一部はこの中央アルプスの自然から来る。工場の周りの敷地は36万m2、その約70%が森林だそうです。この自然から生まれた養命酒の瓶詰と梱包の見学が出来、薬酒の造り方の説明動画も見えます。

それだけで十分価値がある所、その上に記念館とカフェ「ヒーリングテラス」となっている改造した酒蔵もあり、森林の中の散策コース...

もっと読む

ユニーク長野:駒ヶ根シルクミュージアム Unique Nagano: Komagane Silk Museum


長野県らしい体験を海外に紹介する「ユニーク長野」の事業で駒ヶ根シルクミュージアムを視察してきました。日本の「シルクロード」はこの伊那谷から始まって横浜港まで続いて、世界へ輸出されました。

きっと私の自家のシアトル港へ運ばれたでしょう。私にとっては生まれた町と新しいホーム、長野との嬉しいつながり。

最寄の駅からは遠いし、体験の「まゆクラフト」とかは子供っぽいとの心配でした。しかし行ってみれば、個人的に興味深い内容ばかりで館長の関さんと体験工房の矢島さんのご丁寧なご案内で2時間もいました。シルクの世界歴史や信州でのルーツに興味のある方にはお勧め!...

もっと読む

Golden Waves of (Rice) Grains at Obasute 金黄の穂波@姨捨


亀清旅館・戸倉上山田温泉から車で10分の「田毎の月」で有名な姨捨棚田。今は金黄の穂波状態。稲刈りはあと2週間?

日本の原風景だ。

The famous moon-reflecting terraced rice fields of Obasute, a short 10 minute drive from Kamesei Ryokan and our onsen town, Togura-Kamiyamada. Harvest is set to start in a couple of weeks.

Golden waves of grain — a quintessential landscape of the Japanese countryside.






もっと読む

安曇野シリーズ: お勧めのスイーツは北アルプス牧場のソフトアイス  Azumino Series: Softserve Icecream


Mari enjoying her softserve ice cream at the Northern Alps Ranch

安曇野シリーズにあたって、3時のおやつのお勧め所も紹介しないといけないですよね。地元の友人に連れてもらったのは:

北アルプス牧場

ここの手作り牧場ソフトクリームは私の今まで食べたソフトクリームの中で一番美味しい。さすが牧場の手作り。

私はブルーベリートッピングだったが、友人は醤油にした。(変わっていて美味しいかも。)

安曇野巡りの際、ソフトクリーム@北アルプス牧場はお勧めです♪

For this “Azumino Series” of suggested places to see, I would be remiss if I didn’t add a spot to get your 3-o’clock snack. So here it is:

Kita Arupusu Bokujyou, ...

もっと読む

安曇野シリーズ グラスの世界「アートヒルズ」 Azumino Series: The World of Glass “Art Hills”


Windchime-adorned trees at the entrance to the Azumino Art Hills Museum

安曇野アートラインは18軒の美術館で、その代表なのは子供の絵本作家岩崎ちひろの安曇野ちひろ美術館と彫刻術の碌山美術館と、今回に紹介したいグラスアートの

安曇野アートヒルズミュージアム

この3件を含めて安曇野アートラインの特徴は美術品の展示はもちろんですが、それぞれの建物や庭は安曇野の北アルプスの麓の場所や田舎の風景に合うのです。

安曇野アートヒルズミュージアムもそうです。北欧やフランス「ポップ」や日本(特に信州の若手グラスアーティスト)のグラスアートの展示と充実した体験プログラムも魅力の上に、周りの庭はグラスと自然のコラボレーションが印象的。...

もっと読む

安曇野シリーズ: 隠れそば処「常念」 Azumino Series: Hidden Soba Shop “Jonen”


長野県の安曇野地区は去年のNHK朝練「おひさま」から始まって、人気観光スポットとなってきました。最寄の高速インターの名前が「安曇野IC」に変更になったぐらい。

先日は家族のドライブで出かけてみましたので、皆様の安曇野冒険に役に立つ情報を少しでも提供したいと思います。

まずは、食べるところ。安曇野で言えば、大王わさび園がもちろん有名ですが、お蕎麦もかなり注目されている。

と思ったが、おそば屋さんを探すのに苦労しました。定休日や廃業日に当たったりして、やっと4件目で見付けたのは:

そば処「常念」

県道から離れていた、隠れていた場所に広い庭園の中の昔の豪農の敷地・家をそのままおそば屋になったお店。庭園を眺めながらその骨董品...

もっと読む

早朝の姨捨棚田でサイクリング Early AM Obasute Rice Fields via Bicycle


戸倉上山田温泉から車で10分の姨捨「田毎の月」の棚田は四季でそれぞれの季節のそれぞれの魅力(夏は深い緑色、秋は金黄色の稲穂、冬は雪景色、春はお月様を反射する水田)ありますが、

一日の中でそれぞれの時間帯でまた別な魅力があります。

昼間は風でさらさらと流れる穂波で、下の善光寺平や遠くの北信5山の景色、
夕方は夕日の金色の光が稲に横から当たって、写真者に一番喜ばれる光、
夜は善光寺平の夜景と棚田の暗闇とのコントラスト、そして蛙やコオロギの鳴き声、

そして朝は千曲川の向こう側の山から登る太陽の光で見る棚田はまた格別です。

今朝は全国的で有名な乗鞍ロードレースで参加してきた...

もっと読む

上山田の9月は葡萄狩り♪ September in Kamiyamada Means Grape Picking!


9月となりました。この上山田では、葡萄狩りの時期です。娘の美咲ちゃんに中島農園に連れてきました。亀清旅館のお客様に採りたての葡萄三種類(三色)をこの時期にデザートとして出しております。

葡萄狩りを体験すれば、
葡萄って何種類があるか、
どうやって栽培しているか、
畑は動物から守るのにどういう工夫しているか、
農家さんはどこまで手をかけているか、
葡萄畑の空気はどれだけ新鮮か、

色々と勉強になります。

是非、葡萄狩り@上山田はお勧めです。もし良かったら、葡萄農園へ一緒に行きますよ!

September has come along. Here in Kamiyamada, that means grape season!

I took our d...

もっと読む