森「あんずの里」の花、そして天皇陛下、お疲れ様でした。 Mori’s Apricot Flowers as well as the Emperor have Come and Gone


16日に森「日本一あんずの里」を通ってみました。今年のあんずまつりは21日まで続く予定だったが、花は全て落ちてあって、あんずアイス屋さんもしまっていた。森から宮坂峠で戸倉上山田温泉に帰った。その山道の途中で杏の木は数本があって、まだ花があった。花はその程度でした。今年の杏の花はサヨナラですね。
実は、15日に天皇陛下が杏の花を見に来ました。花がもう終わっていて、タイミングは残念でした。私が案内人だったら宮坂峠の途中にあるまだ咲いている木を見せたかった。しかし、天皇陛下に山道に連れて行く訳に行かないでしょう。むしろ、森「あんずの里」は花なくても、その農村の雰囲気は穏やかで良いと思います。その景色をお眺めになって、天皇陛下はきっとホッとしたと思います。

亀清旅館では、子の杏のシーズンは例年よりもお客様が多かったです。天皇陛下が見に来る花はどういう所かとお越しになった方が多かったです。

杏の花及び天皇陛下、ご苦労様でした。

On April 16th, I drove through Mori “Apricot Village” but for the most part, all the apricot blossoms are already gone. The Apricot Blossom Festival was scheduled to go through the 21st, but the flowers finished early this year. Even the apricot soft ice vendor seemed to be closed.

Actually, Japan’s Emperor and Empress visited mori on the 15th to see the flowers. Their timing was unfortunately a bit too late. Even on the 16th, there was still a strand of apricot trees in bloom on the windy mountain road that crosses Miyasaka Pass over to Togura. But I doubt it would be proper to take the Emperor on such a road. Mori is still pretty to see even without the blossoms. I really like its relaxed, rural feel. I’m sure the Emperor was able to appreciate the peacefulness of the setting.


Apricot Blossoms by Miyasaka Pass on April 16th



コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.