月毎の一覧 June 2012

長野温泉トップ100:大町温泉郷 Nagano Onsen Top 100: Omachi Onsen


私の長野県温泉巡りが続いています。今回は大町・白馬・小谷の温泉協会に呼ばれました。「欧米人が求めるおもてなし」と言うテーマの講演をさせて頂きました。

大町温泉郷は黒部ダム・アルペンルートに合わせて出来た割と新しい温泉郷です。最初の宿は1963年に出来、1971年のアルペンルートの全面開業に合わせて増えて、現在は宿が14件です。「自然発生」の普通な温泉地と違って、企画開発だった為1軒1軒の敷地面積が広くて良い(平均的に7000m2だそうです)。道も広いし、緑が多いし、お散歩や自転車則に最適。隣の鹿鳥川で遊べるし、雄大のアルプスを眺めれるし、自然と触れ合える場所。アルペンルートの長野玄関となっているけど、青木湖や安曇野、周辺に観光地が沢山ある。...

もっと読む

亀清旅館のおもてなし: 採りたての杏 Fresh Picked Apricots for our Guests


戸倉上山田の採りたて杏: ご自由にどうぞ。

亀清旅館のお客様の為のおもてなし。ここでしか食べれない味、この時期でしか体験できない尼酸っぱさ。

亀清旅館から、ご自由にどうぞ。

Fresh picked Togura Kamiyamada apricots, “Help Yourself”.

We at Kamesei Ryokan are offering our local apricots free for our guests. Come taste these tart tangy apricots and enjoy the flavor of the season.

Free, here at Kamesei Ryokan.







もっと読む

亀清旅館がJALに乗り(載り?) Kamesei Ryokan on Japan Airline


JALの機内雑誌「Skyward」の7月号は「ごはんのおかず:長野のまぁーず」と言う記事で長野県旅館組合青年部の発展しているまぁーずが紹介されています。

長野県は日本の中でも長寿県と言われている。その秘密は恐らく発酵食品からである:信州味噌、野沢菜が代表漬物、地酒など。まぁーずはその3つの組み合わせ:お味噌と漬物と酒粕。トリプル長寿!

戸倉上山田温泉の中でまぁーずを積極的に取り組んでいる宿は今回のJALの記事で紹介されています。その1つは我がけ目清旅館のChef武井のまぁーず信州サーモンの一品。

今回は長野のまぁーずがJALの機内雑誌に載りました。今度は機内食になったらもっとすごい...

もっと読む

県旅館組合のインバウンド商談会 成功に All-Nagano Ryokan Assoc. Inbound Conference a Success


Inbound Conference in Matsumoto

亀清旅館の布団引き屋でいながら、この2年間で長野県旅館組合青年部インバウンド委員会の委員長も務めております。

その運動として、
去年は渋湯田中温泉で「インバウンドアレルギーを解きましょう!」パネルディスカッションを開いて、外国人観光客を積極的に受けている現場にいる4人の事例でまだ「インバウンド」に足して不安のある宿の経営者がちょっとでもその不安を取り消すとの目的。
そして、松本で「インバウンドで売り上げアップ!」インバウンド商談会を開催しました。6月25日に松本で行われた。私がインバウンド送客業者12社を呼んで、旅館ホテル約60社が集まって、実際に海外からの予約とつなぐ道具を提供した。...

もっと読む

戸倉上山田は杏狩りシーズン最中 Togura Kamiyamada in the Middle of Apricot Picking Season


Tangy tart apricots right off the tree!

6月下旬と7千月上旬は戸倉上山田で杏狩りの時期です。
森「あんずの里」が日本一の杏生産地で杏狩りはもちろん、ジャム作りの体験もできる。亀清旅館のお客さんで毎年その為に来るリピーターがいます。

そして、もっと近く、戸倉の若宮地区(亀清から自転車で約10分)にも、千曲川の側に杏畑があります。その生産者の紹介は出来ますので気楽で、宿から近くで杏狩りは出来ます。この間はフィンランドからのお客さんと一緒に,うちの子供達も連れて行きました。採りたての杏が尼酸っぱくて、美味しい!

Here in our onsen town Togura-Kamiyamada, late Jun...

もっと読む

上山田小学校6年生の観光パンフ展示会 Kamiyamada Elementary 6th Graders Brochures on Display


6th Graders for Tourism — Go Kamiyamada Elementary!

上山田小学校の6年生は学校の国語授業で上山田の観光パンフを作りました。せっかくだから、展示しましょうと、私が案を出して、千曲市観光会館(私が観光協会の理事にもなったし!)及び学校の先生と連携を取って、

展示会の実現が出来ました!

観光協会の2回に7月1日まで展示してありますので、機会があれば、是非ご覧になって下さい。小学生からの目線の上山田は参考になる。

(どれがうちのAndy君のか、探してみてください。ヒント:英語もある。)

The Kamiyamada Elementary 6th graders as part of their language arts class made brochures about Kamiyamada...

もっと読む

戸倉上山田温泉のラベンダー畑が見事だ! Togura-Kamiyamada’s Lavender Field


Misaki and the Manyo Sports Area Lavender Field

戸倉上山田のラベンダー畑は見事に咲いています。温泉街から自転車で約10分のところで千曲川の側、周辺の山々の背景で、良い香りのラベンダー広がっています。

娘の美咲ちゃんを連れて、今年の畑の具合を見に行きました。また綺麗に咲きだしました。説明看板がありました:

「大勢の皆さんにお楽しみ頂く為、
6月30日(土)まで観賞のみとさせて頂きます。
摘み取りはご遠慮ください。
摘み取り期間は7月1日(日)~シーズン完了まで、
お一人様30本までとさせて頂きます。」

日本は花を観光で使い過ぎの癖があるのに、
観光臭くなく(ラベンダーアイスは無いぞ!)...

もっと読む

長野温泉トップ100小谷村:山田旅館 Nagano Onsens Top 100: Otari Village ‘Yamada Ryokan’


Me enjoying Yamada Ryokan’s Ne-Yu

小谷村の3つ目の温泉:

小谷温泉「山田旅館」

この2012年から457年前(1555年)に武田信玄で見付けられたと言われている小谷温泉。木造3階建ての本館は江戸時代に善光寺の宮大工さん達に作られた山田旅館。小谷温泉の大湯元。

457年湧き続ける。山のいで湯を守る。標高850mの山深いロケ。ナトリウム炭酸水塩化泉の温泉らしいお湯(お風呂場に数十年で溜まった成分のモニュメントがあり;本格的な温泉だと言う証拠)。

私は大好き。

友人のPeterさんは全体のさびれていた雰囲気が残念に思った様だが、私にとっては歴史が感じて、気に入りました。本館の男女別の内風呂はダサいタイル、格好付けるコンクリートのクラウンモールディング、ミスマッチの煉瓦、アルミドア、まあ、統一感がないと言えばない。...

もっと読む

長野温泉トップ100: 小谷村「雨飾」 Nagano Onsens Top 100: Otari Village ‘Amekazari’


Amekazari’s Outdoor Bath

小谷村の2つ目の温泉:

奥小谷温泉「雨飾高原露天風呂」

小谷村の中心から県道114号を雨飾り温泉へ向かって登って、秘湯の小谷温泉を超えてされに隠れている所に雨飾荘に辿り着きます。その宿の手前に村営の露天風呂があります。

ブナの森の中露天風呂。山登りと山菜狩りの人達に人気があるようです。管理人がいないので協力金箱が置いてある。

源泉は56.3℃でナトリウム・炭酸水塩化泉です。

写真は女湯と男湯の両方です。私達が行った日は誰もいなかった。それは良かったです。なぜなら、男湯は暑すぎて(45℃?)入れなかった。女湯は適温で周りの緑を楽しみながら気持ち良く入れた。...

もっと読む

長野温泉トップ100: 小谷村「猫鼻の湯」 Nagano Onsens Top 100: Otari Village ‘Nekohana’


友人のPeterさんの「長野温泉トップ100」英字本の研究の手伝いで、小谷村へお出かけしました。秘湯が好きな私には大喜び。小谷村は長野県の最も西北の位置で村実体が「秘密」って書いてあるって感じ。まず、紹介したいのは:

湯原温泉「猫鼻の湯」

1軒の日帰り温泉で公式HPもないし、パンフもない、看板もほとんどない。本当に「隠れ」。だからこそ(かな?)、温泉ブロガーの世界では大人気。

場所は国道148号を糸魚川へ向かって下って、新潟県に入る前に塩坂と湯原トンネルの間に姫側へ右折して、千国街道(別名「塩の道」)の猫鼻石仏群の側。歩きなら塩道でJR糸魚川線の平岩と北小谷駅の間。...

もっと読む