月毎の一覧 July 2009

オッ、ABN! オッ、ボビーとセイン!Oh, ABN! Oh, Bobby and Thane!


長野朝日放送と新潟テレビのコラボレーションでボビー・オロゴンとセイン・カミュが新潟、長野の旅番組の撮影で亀清に泊まってくれました。両県で8月24日に放送の予定だそうです。どういう内容か、24日にお楽しみ。取り敢えず、1つだけ言わせて頂きます:出来上がっていた上山田お神楽保存会にもお世話になりました。

撮影後、若女将の磨利ちゃんと4人で遅い夕食をとって、そして3人で繁華街を「散歩」してきました。こういう「タレント」さんの中でよくあるのはカメラが「オン」の時に自分の性格も「オン」;カメラが「オフ」の時は性格が変わる。でも、ボビーさんとセインさんはカメラが無くても、ものすごく楽しい行動・会話でした。ずっと笑わされました。...

もっと読む

西瓜の誕生日「ケーキ」 A Watermelon Birthday ‘Cake’


今日は私が39歳になりました。来年でオバー・ザ・ヒルですね。まあ、その歳のその歳の楽しみをしていきたいと思っています。
夕べは友人のご家族とうちの家族と皆でお祝いですしを食べに行きました。そして、当日の夜は仲間と一緒に飲みに行った。(どういう仲間か、次の記事をご覧になってください。)その韓国人のママ(なぜか、この温泉に韓国人のホステスなクラブが多い)がこの西瓜のバスディー・ケーキを作ってくれた。こういうお祝いは39年間も待ちました。嬉しかったね。

Today I turned 39 years old. Next year is the big “Over-the-Hill” birthday...

もっと読む

夏休みの為に 朝5時から座禅プラン復活


やっと夏休み!亀清の息子たちが朝に早く起きて、ラジオ体操をやっています。外の温度が段々と上がっています。甲子園の高校野球がもう時期。そろそろせみの鳴き声も聞こえてくるかな?

夏休みの為のプランとして何が良いかと悩みました。他の宿を見れば、カブトムシ採取やパン作り体験等、色々あるようです。

でも、周りにその感じな「夏休み体験」をやっているところが多いです。さらしな古代体験パーク(亀清から車で5分)で縄文時代のいろんな体験ができるし、にしざわ貯金箱館(亀清から歩いて5分)で子供達が喜ぶキャラクター貯金箱の展示会をやっているし、お子さんが楽しめる「体験」はたっぷりあります。...

もっと読む

雨の中の姨捨夜景 Rainy Obasute Night View


県外からいらっしゃったお客さんは戸倉上山田温泉に泊まる楽しみの1つは姨捨からの夜景を見る事でした。が、夕方になってえらい雨が降ってきちゃった。仕方が無く、中止かな?でも、もう少し様子を見てみょうと。そうすると、8時ごろ、雨が多少に軽くなったので、皆、姨捨にゴー!
前の日はちょうど雨が止んだ後に我が「姨捨夜景・伝説ツアー」に連れて行って、空気がすんでいてとっても綺麗でした。今晩の夜景は比較したら、霧がまだ残って、あまり遠く見えなかった。それでも、お客さんがとっても喜んで頂きました。電車のスイッチバックも見れたし。(お客さんのお子さんは夜景より、電車の方が面白かった様です。)...

もっと読む

伝統的な上田紬の織りに・・・2mの外国人?! A 2-meter tall foreigner at a traditional Japanese silk weaving machine?


前から私は上田紬を憧れていました。今日は紬を織る体験ができました。小岩井紬工房にお世話になりました。2週間前に若女将と一緒に工房を見学しました。亀清の1つな客室を「紬」と言うコンセプトで簡単な改造をしていますので勉強の為に紬工房を見学しました。その時に予約を入れましたので今日はやっと、機織り体験が出来ました。「紬の間」の壁に飾る為のウォール・ハンギングを織りました。
私のは身長2メーターの体はその織る機械にぎりぎりは入れました。でも、足が長すぎて、右と左の足をそれぞれの踏み板に出来ず、足を折って、片足で両方の踏み板を使った。そして、Karinaさんはやり方をご親切に説明していただいて、あっという間にリズムに乗って、作品が出来上がりました。うんと楽しかった。私の母親はキルトを作る趣味なのでその影響(?)で私はこの上田紬の機織りが気に入った。...

もっと読む

夏はジェラートの時期 Summer is Gelato is the Way to Beat the Summer Heat


亀清の若女将から電話があって、「疲れているから帰りにジェラートを買ってきて頂戴」と。戸倉上山田温泉のジェラート屋さん、ラヴニールによって、オーナーの宮崎さんにお世話になりました。店内に欧州のお城からのアンチークなテーブルや、イタリアからのカウンターやエスプレッソの機会、そして、本格的なジェラート、日本じゃない別な世界の様。
今のジェラートは苺(宮崎さんの庭で自分で育った苺)、キャラメル(我が若女将の気に入り)、「べりー・べりー」、バナナ、杏、そしてオーソドックスのプレイン。この夏はぜひ、暑さに負けに様に、ラヴニールのジェラート!...

もっと読む

県EU協会でのインバウンドについての講演 Speech on Inbound issues at the EU Society


長野県EU協会に呼ばれて、長野市に昨日、講演で喋ってきました。(私はEUではなくて、US人ですが、父親のお父さんはアイルランド生まれ、従って、私は4分の1のEU人かな?)
欧米人は日本でどういうおもてなしを求めているかについて話しました。さまざまの企業から約60人が集まりました。県の観光部の方もいらっしゃいました。こういう場面でしゃべる機会がなかなかないので良いチャンスでした。良い続いている2点に集中しました:

*欧米人の個人旅行者はJRのフリーパスを買う方が多い。そのパスさえ買えば全国に動けると思われている。交通関係はそれ以上な予算を考えていない。ただし、長野県に入ってしまえば、しなの鉄道や長電、アルピコバスなど、JRのパスを使えない所が殆ど。長野県なりなフリーパスが必要だと。...

もっと読む

酒と枝豆にうるさい:新潟 Picky about sake and beans: Niigata


Niigata edamame and sake

旅館青年部関係で私の入っている研究会は昨日、新潟の燕・三条の近辺の温泉で集まりました。大変良い勉強になりました。新潟の酒が日本の中でも評価が高いと前から知っていました。そして、泊まった宿はやはり、地酒は6つぐらい並べてありました。しかし、その辺は枝豆の産地なので枝豆の世界があんなに奥深いか、びっくりしました。今までは冷凍食品の感覚しかなかった。ビールのおつまみ程度。でも、お世話になった宿、ホテル小柳は地元の農家さんたちと連携して、規格外の作物を利用してSweetsを作る運動しています。その1つは枝豆入りの生キャラメル。意外に美味しかった。...

もっと読む

霧ヶ峰のニッコウキスゲ:信州の七大旬の自然? Kirigamine’s Day Lillies — one of Nagano’s Seven Seasonal Wonders?


Andy君と去年の霧ヶ峰のニッコウキスゲ Andy with the day lillies at Kirigamine last year

昨日は松本で長野県の「観光シナジー研究会」に参加してきました。行政と大学と我々民間の約40人がお互いにどういうコラボレーションができるかと、観光客がもっと長く滞在して楽しんで頂けるかとの意見交換でした。
そこで、車山高原の方と行き会って、聞いたら、霧ヶ峰のニッコウキスゲは今、ピークだそうです。このごろは花が鹿で大分やられたけど、今年は電気の塀で防げたので高原の表面が真っ黄色になっているそうです。7月いっぱい咲く予想です。
霧ヶ峰のニッコウキスゲは見た事がまだなければ、ぜひ、お勧めです。信州の七大旬の自然だと(勝手に)思っていま...

もっと読む

珍しい姿 A rare sight


Mari watching the eclipse

今日は珍しい日食が行われた。隣の薬局のお兄さんがこの特別なメガネを持ってきてくれて、滞在のお客さんとみなで日食を楽しめました。

Today was a rare event: a solar eclipse. Our neighbor, the pharmacist, brought over these special glasses. So along with some guests from the States, we all enjoyed watching the eclipse.






もっと読む