県のインバウンド研究会のフィナーレ Nagano Prefecture’s Inbound Research Group’s Finale


長野県のインバウンド研究会の最後の集まりは今日、行われました。県の観光化はこれからのインバウンド作戦のガイドラインを作るのに私達のアドバイスを取れ入れて、広範囲なリポートが出来ました。私以外に、旅館組合の方、松本大学の教授先生、JTBの方、アルピコ、長野市CVB,商工会関係の中国の方と白馬の商工会の方がいました。座長はJNTOのベテランの方でした。来年度にこのガイドラインの実現はどれだけ出来るか、楽しみですね。
この会議のせいで、私は旅館に戻るのは遅れました。うちの妻がお客さんに食事を出していた時、「若旦那は?」と聞かれたようです。ちょうどその時に、TVの夕方のニュースでこの研究会の事が放送されて、「そっちに行っている」と妻が説明できました。ナイスタイミングだったようです。

Nagano Prefecture’s Inbound Research Group’s final meeting took place today. The prefecture’s Tourism Department put together a comprehensive strategy for focusing on Inbound issues for the near future. We’ll see how successful they are in implementing the guidelines next fiscal year. Besides me, the other members of the group included a professor from Matsumoto U., a Chinese lady from the Business Association, and people from JTB, the ryokan association, Nagano City’s CVB, Hakuba, Alpico Bus, and a JNTO veteran.
Due to this meeting, I was late in getting back to the inn. Mari was serving some guests their dinner, and they asked where I was. Just by coincidence, the evening’s news on TV showed our meeting. So she told them, “That’s where he is.” Nice timing!




コメントをどうぞ

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.