カテゴリ: 信州の山 Nagano’s Mountains

お勧めの登山: 絶景里山の子檀嶺 Recommended Hikes: Panoramic Backyard-Mountain Komayumine

また亀清旅館の近くの登山スポットを紹介します: 上田市の隣の青木村の子檀嶺(こまゆみね)。青木村を代表できる里山は高さ1223mで、登山道は特に後半が結構な勾配でかなり良い汗をかけますが、頂上に着く突端に青木村と背景の上田市・塩田平の眺めは素晴らしい。登山道実態は様々の環境(竹林そして杉、松、最後は落葉の森)を通って、飽きない風景。うちは9月下旬で登ったので、彩りのキノコ季節でしたが、山がそんなに高くないから恐らく一年中登れる。地元の学生が1月1日の日ノ出を見に登るそうです。

山のデーター

登山道は二つがある: 当郷と田沢温泉。田沢からのコースは少し短いが勾配がより激しいそうです。当郷登山口は亀清から20㎞、車で約35分。下の駐車所にトイレがあり...

もっと読む

お勧めの登山: 神秘(ときつい)飯縄山 Recommended Hikes: Mystical (and Strenuous) Iizuna Mtn.

亀清旅館の周りは山々で恵まれています。忙しい日々から離れて山登りをするのが人気です。沢山のお客さんがやはりハイキングブーツでお越しになります。私どもも登山が大好きで、お勧めのコースを紹介します。

長野市の里山、1917mの飯縄山が信仰の山で、山頂の神社で戦勝の神でもある飯縄大明神を祀り、武田信玄や上杉謙信が集まった。天狗の伝説もあり、登山道に十三佛の仏像があります。善光寺平を聳え立って北信五岳の一つである飯綱山はこの戸倉上山田温泉からも見える。

私達は9月中旬の平日、天気は晴れのち曇り、その朝のお客さんの見送りしてから行ったわけで、午後1時ごろから登った。最近は東北信の色んな山(飯縄山より高いのも)を登ってますが、登山口から頂上までの標高差は飯縄山の約700mが一番大きい。一の鳥居からの距離が約2...

もっと読む

夏休みに亀清で滞在♪ 周辺観光の人気トップ10; Long Stay Vacation in Nagano: Top 10 Nearby Day Trips

この夏は長野で長期滞在の休みは如何でしょうか? 亀清旅館をベースにして、長野を探検しましょう! 亀清旅館のお客さんに調査した結果: 周辺のトップ10人気観光スポットを発表します。

1.善光寺

なんせ、戸倉上山田温泉は善光寺の精進落としの湯ですよ。本堂に設置してある秘仏が一光三尊阿弥陀如来様で、552年に朝鮮半島から日本に渡ってきた。日本で最も古い仏像である。七年に一度にご開帳で披露されますが、普段は本堂の下を潜る「戒壇巡り」で秘仏の下にある「カギ」を触る事が出来る。触る事によって、自分の願いがその秘仏に通じます。そして、その真っ暗の廊下からまた外に出る時に瞬間に「復活」の気持ちが感動的。...

もっと読む

信州の山々が読んでます。 Nagano’s Mountains Are Calling

お盆が終わって、少し落ち着いたから、

山登りへ!

若女将と戸倉上山田温泉の近くの八頭山を上りました。亀清旅館から見える山ので、その記念で一つの客室は「八頭」と言う名前です。

亀清旅館・戸倉上山田温泉から車で7.6km、約15分で坂上トンネルの入り口近辺が登山口です。割りと短いハイク(2.8㎞)ですが、標高790mの登山口から1204mの頂上までは標高差が約415mなので、良い運動になります。休憩しながら50分で登りました。途中のぽんぽぽ平から大林山へのトレールもあるので、次回は1333mの大林山をチャレンジしたいと思ってます。ルートの詳しくはここ

After the O-Bon holiday, the inn ha...

もっと読む

2019年お盆のお勧め穴場: 池の平湿原 Recommended Secret Spot for O-Bon, 2019

お盆シーズンになりました。

「どこへ行っても混むからな」

そういう時、亀清旅館お勧めの穴場的な観光スポットへ行こう!

2018年は冠着山の「久露滝」で滝シャワーを紹介しました。

2019年はトレッキングと秘湯: 池の平湿原と天狗温泉。

今回のコースは下記です:

・浅間サンラインから94号を上る。この「新張」交差点は亀清旅館・戸倉上山田温泉から車で30分 ←便利!

・途中のアトリエフロマージュでチーズフォンデュやスイーツを楽しめます

・湯ノ丸高原 ←ビジターセンターで花などの情報をチェック

・林道で池の平湿原へ。車を止めて(500円)、トレッキングを。ベーシックな湿原コースは距離2...

もっと読む

3月10日の姨捨夜景ツアーはこの青い目のガイド♪ Obasute Night View Guide

(しばらくブログ更新してなくて、すみません。)

久しぶりです。青い目のおもてなし・亀清旅館のタイラーです。

ビッグニュースがあります: 戸倉上山田温泉発の姨捨夜景ツアーこの青い目のガイドで参加したい皆さん、今週末(H30年3月10日・土曜日)がツアー料金の値上げ前のラストチャンスです。現在はツアー参加費が2000円/人ですが、H30年4月からは千曲市観光局がその料金を値上げする予定です。

IMG_0026

この姨捨夜景ツアーは戸倉上山田温泉を夜8時ごろバスで出発して、姨捨駅のホームから善光寺平の夜景を見下ろして、さらに上の長野道姨捨SAから違った角度からまた夜景をまた見て、帰りは味噌蔵「高村商店」に寄って、また温泉に戻るというコースです。途中で駅の記念入場券や、SAの売店から絵葉書、高村商店からお味噌をお土産でもらえます。私たち地元の者がボランティアでガイドしてまして、10日が私の当番の火です。10名揃えば、バス運行になりまして、私が戸倉上山田や姨捨の周辺の伝説の話(60%ウソ!)や魅力を説明し...

もっと読む

長野流のGW Golden Week – Nagano Style

皆さん、ハッピーゴールデンウィーク!

あれっ、ハッピーじゃないって?まあ、確かに、連休でどこへ行っても混みますよね。

長野県こそ、松本城や軽井沢の様なメージャーな観光スポット、

そして、佐久の気球フェスティバルや飯山の菜の花畑の様な大きいイベントは混む。特に、今年は七年に一度の善光寺「御開帳」が偉い人数でしょう。

しかし、あきらめないで。長野県は穴場的な隠れ宝が沢山あります。静かな信州が連休の最中でも十分楽しめます。

一つな裏コースを紹介します。娘と白馬方面へドライブした時。

Happy Golden Week, everyone.

Or is it?  With practically everyone and her brother having ...

もっと読む

長野県の世界的な山岳高原


長野県観光課の本年度事業で3ヵ所の山岳高原を世界基準に持って行く企画があって、私はアドバイザーとして呼ばれております。感想を書く様に頼まれたのでせっかくですからここにもシェアーします:

米国西海岸カスケード山脈の麓、シアトル市で生まれ育ちの私はいつも4392mのタホマ富士と呼ばれているマウントレーニアを見上げていた。子供のころから山のハイキングやキャンプが大好きだった。大人になってから、本格的な山登りと冬はスノーシューやスノーキャンプを楽しんできた。故郷はレーニア山とオリンピック山脈の2つの国立公園で恵まれていて、そこで私が自然の雄大さと貴重さを学んだ。...

もっと読む

駒ヶ根シリーズ: ロープウィーで一気に2600m千畳敷カールへ Komagane Series: Ride the Ropeway to 2600m Senjojiki Cirque


駒ヶ根へ行く大半皆様の楽しみは駒ヶ岳ロープウィーに乗って千畳敷カールへ行くとの事。

中央アルプスのこの千畳敷カールは標高2600mの碗型の地形である。2万年前に氷河で削り取られたそうです。信州を代表が出来る大自然なスポットです。

普段は2600mまで登るのに、登山で一日をかけなければならない。しかし、この千畳敷カールには駒ヶ岳ロープウェーがあります。7分30秒で一気に登れます。こんな簡単にこんな大自然の所まで来られて、信じられないぐらいな見事です。

駒ヶ岳ロープは中央道駒ヶ根ICから降りて5分ぐらい登って、菅の台バスセンター(850m)で駐車する。(電車の方は駒ヶ根駅からバスが出ています。)菅の台から赤白中央アルプス観光バスに乗ってクネクネの道で1662mのしらび平に辿り着くこれがロープ...

もっと読む

東信を上から 親子で噴火中の浅間山登り Seeing Eastern Nagano from Above — Father-Son Ascent of Volcanic Mt. Asama


東信の一番高い山: 2568mの浅間山。小諸や軽井沢を通り度にいつも浅間山を見上げる。頂上から堪えずに煙が出ていて、恐るべしな火山。

先日は長男が珍しく学校が休みで、今年は浅間山を登る約束したのでこのタイミングを活かして、登山してきました。

浅間山の登山は主に2ルートがある:
1400mの天狗温泉から一の鳥居、二ノ鳥居、火山館径
2000mの高峰高原案内状から黒班山径

高峰高原の登山口は標高が高いけどアップダウンが激しいから決して楽じゃないそうです。どちらも片道三時間半ぐらいかかります。

私達は天狗温泉浅間山荘からの方を選んだ。鳥居通りの方が何となく「正しい」様に思ったし、途中の火山館の神田館長に会いたかったし、最後は天狗温泉に入りたかったから。...

もっと読む