カテゴリ: 亀清旅館 Kamesei Ryokan

松代焼の販売を始まりました Now Selling Matsushiro-Yaki Pottery

我が亀清旅館で新たな実践: 松代焼の販売。Our latest service for our guests: Selling Matsushiro-yaki pottery.

最近は当館の売店を少しずつ工夫してます。
今まで売っていた島屋さんの甘露煮と杏宝園の半生杏に加えて、
木の花の漬物と高村商店のしょうゆ豆、そして今度は松代焼。
お客様が喜んでくれるかな?
松代焼の販売を始まりました!
私たちが大好きな色合いの陶芸、松代焼は長野県の伝統工芸。近くの長野市松代地区で200年の歴史。
手頃の料金で、信州の旅のお土産に🎵
Our local pottery, Matsushiro-yaki, now sold here at Kamesei Ryokan.
We love the Aurora borealis-like wavy blue-green of the glaze...

もっと読む

明けましておめでとうございます。2020年は宜しくお願い致します。Welcome to 2020!

2020年になりました♪

2019年にお越しになったお客様、感謝しております。お陰様で2019年に我が亀清旅館で様々な改善が出来ました。一番大きなのは手造り露天「100年風呂」の移築工事が出来ました。お客様の声を聞き入れて、内風呂から直接に行けるようにしました。(それまでは脱衣場を通る必要という不便な場所でした。)なおかつ、ほどほどの深さにしました。(以前の湯舟は深過ぎたという声もありました。)

他には細かい改装は沢山しました。客室の壁の漆喰塗りや洗面台の改装、レンタサイクルの事業(ずくだしエコツアー)は台数が増えて、置き場は亀清旅館の裏側に移しました。等々。...

もっと読む

亀清旅館のバリアフリー情報 Kamesei Ryokan’s Accessibility

亀清旅館はなるべくご年配や障害のある方に気楽に来れるようになるべくバリアフリーな宿造りを目指しています。玄関の間前の駐車スペースや「お風呂まで3歩」と言う便利な客室、テーブルと椅子の食事会場、貸切露天風呂など、足が不自由な方などに好評でございます。段差は多少あり、車いす用の湯舟がないなど、バリアフリーじゃない部分がありますので、高齢の方や障害のある方が求める情報をお伝えいたします。

Kamesei Ryokan is popular with elderly guests and people with physical handicaps, as we have parking directly in front of the entrance, some of our guestrooms are literally just steps away from the onsen baths, our main dinin...

もっと読む

3月10日の姨捨夜景ツアーはこの青い目のガイド♪ Obasute Night View Guide

(しばらくブログ更新してなくて、すみません。)

久しぶりです。青い目のおもてなし・亀清旅館のタイラーです。

ビッグニュースがあります: 戸倉上山田温泉発の姨捨夜景ツアーこの青い目のガイドで参加したい皆さん、今週末(H30年3月10日・土曜日)がツアー料金の値上げ前のラストチャンスです。現在はツアー参加費が2000円/人ですが、H30年4月からは千曲市観光局がその料金を値上げする予定です。

IMG_0026

この姨捨夜景ツアーは戸倉上山田温泉を夜8時ごろバスで出発して、姨捨駅のホームから善光寺平の夜景を見下ろして、さらに上の長野道姨捨SAから違った角度からまた夜景をまた見て、帰りは味噌蔵「高村商店」に寄って、また温泉に戻るというコースです。途中で駅の記念入場券や、SAの売店から絵葉書、高村商店からお味噌をお土産でもらえます。私たち地元の者がボランティアでガイドしてまして、10日が私の当番の火です。10名揃えば、バス運行になりまして、私が戸倉上山田や姨捨の周辺の伝説の話(60%ウソ!)や魅力を説明し...

もっと読む

タイラーの次の姨捨夜景ツアーのガイド当番: 6月12日(金) Tyler’s Next Turn to Be the Obasute Night View Tour Guide: June 12th

戸倉上山田温泉発の姨捨夜景ツアー、
6月12日(金)のガイドか千曲市観光の顔(?)、私です。善光寺平の夜景はもちろん、この辺の伝説のお話しも。ご一緒に行きませんか?
亀清旅館は12日にまだ空きがございますし。
どうぞ、お起こし下さい。

obasute tour guide
Guess who’s going to guide the June 12th Obasute Night ViewTour? Yours Truly, the new face of Chikuma City tourism.


もっと読む

菖蒲湯は長野で6月5日(旧暦のこどもの日) Shobu (Calamus) Bath for June 5th (in Nagano)

菖蒲湯(しょうぶゆ)。 普段はこどもの日に合わせて5月5日ですが、雪国である長野県の場合、菖蒲の成長が1か月遅れて、旧暦のこどもの日との事で、菖蒲湯は6月5日です。

うちの前島おじさんによると:

端午の節句は「菖蒲の節句」とも伝われ、菖蒲湯に入ることで邪気を払い厄病を除くと伝われています。実際菖蒲に含まれる「精油」という成分が、血液の循環を良くし、新陳代謝を促すことで、疲れを取る効果があるといわれています。

古代のエジプトやギリシア、ローマで菖蒲が香水や薬として使われているらしい。

古代から今日の亀清の温泉へ、菖蒲の力で健康になるように!

6 05 2015 shobu
Shobu ...

もっと読む

青い目のおもてなしが「信州おもてなし大賞」に Hospitality Recognized by the Governor!

Tyler Receiving the Nagano Omotenashi Award from the Guv

Tyler Receiving the Nagano Omotenashi Award from the Guv

2月14日に私、亀清の若旦那、タイラーが長野市で行わられた式典で長野県知事阿部守一氏から「信州おもてなし大賞」を受賞されました。

自分の中で小さい事しかやっていませんが、

亀清旅館のお客さんの為に露天風呂を作ったり、お茶菓子に母親のレシピーのシアトルクッキーを焼いたり、

戸倉上山田温泉の為にレンタサイクルを設置したり、多言語の散歩地図・グルメガイドを作ったり、

長野県の為にユニーク長野のアプリを先頭として作ったり、

その一つ一つが重なって、それなりの効果が認められたようです。

それにしても、森を復活したC.W.ニコルさんや何万人が集まる蔵開きを企画した...

もっと読む

問題の甘露煮?! Troublemaking river fish?!


一番いけない事をやってしまいみした: お客さんと喧嘩しました。

朝にロビーでお客さんと普通に挨拶をしたら、

「何で朝ご飯に川魚を出す?あれはひどい!」と、いきなり爆発されました。

説得してみました: 「サーモンは定番でしょうけどこの近くに海が無い。戸倉上山田温泉の真ん中に千曲川が流れていて、川魚がこの辺の食文化です。」

お客さんは更にテンションアップ: 「それは知っているけど、誰がそんなまずい物を食う?」

私は負けないで、「地元で愛されています。作ってくれている方が誇りを持って頑張っている。尚且つ、甘露煮はカルシウムがたっぷり入っていて、体に良いですよ。」...

もっと読む

飛び込み客: 家守ちゃん Today’s Drop-in Guest: Mr. Gecko


亀清旅館のロビーの中庭側にこのかわいいヤモリが遊びに来てくれました。ヤモリ(=家守)が来てくれたら運が良いですかな?まあ、信州はどれだけ自然で恵まれている家の証拠ですよね。

A little gecko came to Kamesei Ryokan to say “hi”. He was climbing a window in our lobby by the ‘naka-niwa’ central garden. According to one of my Facebook friends, “Gecko is 家守(ヤモリ ‘yamori’) in Japanese. It means house protector = good to see him hanging around in your property. Don’t mess with him. And let him be.”






もっと読む

お客様からの声 剽軽のF様


お客様にお礼のメールを送ったら、この剽軽な返事を頂きました:

ご連絡ありがとうございます。
先日に千歳に宿泊したFでございます。久し振りに有意義な時間を過ごせました。
実は何の予備知識もなく予約し参りましので、最初、若旦那にお逢い正直面食らいました。夜、ネット等で経緯を知りました。翌朝の朝食時にその旨を若女将に伝えさらに直接話を伺った次第です。
ここ亀清には日本が本来保ってきた和の雅がまだ残っています。それに洋の良さが合わさり他には無いものを感じます。
それが何がが解りませんが心引かれるのは確かです。
『夜明け前』私も辰野に赴任している関係で日々愛飲しその味を楽しんでいます。それをお話出来ればと思いま...

もっと読む