カテゴリ: 日米関係Culture Shock

日本建築・・・ヒロで?! Japanese Architecture … in Hilo?!


写真は弟の家です。

鳥居の様な門。瓦。

これは日本じゃない。
ハワイ島のヒロ市です。

弟の家の県知佳が日系人だったそうです。中に骨董品の欄間もあって、尚且つハワイの代表のコアの木の内装。

兄弟で一人は日本の伝統的な温泉宿を守り、一人はハワイ島で日本的な家に住んでいる。

不思議なつながり。

This is a picture of my middle brother’s house in Hilo.

A gate that looks like it’s from a Shinto Shrine.
Traditional ‘Kawara’ roof tiles.

His house looks like it belongs in Japan, not Hawaii.

It turns out the architect is Japanese, and he infused the house with details from his home country. You should see the antique ‘ranma’ transoms in the master bedroom...

もっと読む

ゆるきゃらは広まり過ぎ?信州だけでも100+ Yuru-Kyara Explosion: 100+ In Nagano


100+ Nagano Yuru-kyara

お正月の新聞で「長野県のトップ100ゆるきゃら」の紹介を見つけました。千曲市は屋代商店街のヤシロウが載っていた。この戸倉上山田温泉の「温泉まんじゅサン」はこれからデビュー?

とにかく、ゆるきゃらは最近、広まり過ぎない?どこまでが良いPR化、どこまでが自己満足か、疑問がございます。もっと効果のあるPR活動・町興し運動があるのではないかと思いますが。長野県だけで100+?全国で何万個があるでしょう。
この間、県観光課の主催の公園で、講師が県は一生懸命「アルクマ」と言うPRキャラクターを宣伝しているけど、
県内では結構馴染んできて、愛さ...

もっと読む

餅つきの奥深さに感動 Amazed at the Depth of the Mochi Making Tradition


Murakoshi-san and Kurihara-san helping steam the Mochi rice.

日本のお正月習慣、餅つき。
私の出会いは大学を卒業してから上田市で生活した冬。お正月で大手スーパーで買い物をしたら、入口で人が集まって盛り上がっていた。あっ、噂の餅つきだと分かった。勿論、私も参加してみた。まあ、単純な習慣だなと思った。

このお正月亀清旅館の玄関にある昔からの臼を使って、何十年ぶりに餅つきを挑戦する様になった。従って、私は餅つきの準備の段階から始めて経験した。杵(ハンマーじゃなかったんだ)の手配、臼の準備(水を前持ってかけといて、吸い込ませる)、蒔きを炊く釜の購入、餅のトッピングの準備、そして打つ前の餅米を蒸す。意外に奥深い。今回は色んな先輩に助けて頂いて、準備は無事に出来た。...

もっと読む

県Ecoコイン書 亀清オリジナル Kamesei’s Original Brochure Eco Coin


長野県観光課は私が入っている旅館組合の委員会とecoコインの制度を相談してきた時、海外からの宿泊者も環境に感心している為、資料を英語にもするように頼んだ。オーストラリアからのスキー客の多い白馬の施設から同じ声があった様だ。それにかかわらず、出てきた資料は日本語のみ。

仕方ない、亀清旅館のオリジナルのバイリンガルバージョンをつくりました。そしてecoコインを始まったら、一番最初に参加したのはアメリカからのご家族。

この頃、県観光課がもう一つの制度が始まった: 「楽園信州」というファンクラブです。最終目的は観光客が長野に訪ねてもらって、好きになって、引っ越してくること。例の旅館組合の委員会です。その相談があった時にも資料を英語にと頼んでみた。つまり、外国人こそ、長野に訪ねれば、気に入って、引っ越しするかもしれない。...

もっと読む

屋根裏の断熱材設置: 何でなかったかい? Installing Ceiling Insulation. Why wasn’t there any before?


Freshly-laid insulation

日本に来る欧米人のよくあるカルチャーショックの一つは暖房制度の違い。
欧米は家じゅうに断熱材を使ってセントラルヒーティングで家全体を暖める。
日本の従来のやり方は夏の風通しの為に壁を薄くして、下半身は炬燵、上半身は分厚いはんてんで暖める。

まあ、どちらの方法は効率が良いかや、環境に良いかを別として、私が亀清旅館の若旦那として許さないのは何で天井裏に断熱材がないのかと。以前は離れ風の客室2ヶ所の屋根を張り返った時についでに断熱材を張り付けてもらった。その二つの部屋の冬の温かさが随分良くなりました。この間はもう二つの客室の屋根裏に自分が登ってみて、ホームセンターから買ってきた断熱材を引いておきました。まあ、屋根裏は2メーターの身長の人が入るべきな世界ではないのですが、ずくを出して、作業しました。その二つの部屋の間に音の響きも問題となっていたので、これで一石二鳥で冬の寒さと防音を改善しました。...

もっと読む

アメリカに日本食の浸透 Japanese Cuisine Permeating America


友人の結婚式の為に一年半ぶりにシアトルに帰りました。その一年半の間は日本食がどれだけ浸透してきたか、吃驚しました。

写真はうちの弟のうちでBBQステーキを食べた時。弟は思い切り普通な肉好きなアメ人で、いくつかなソースがあった中で、一つは何と、Ponzuでした。

彼はアメリカの一般的なステーキソースを卒業して、ポン酢を使うようになった。びっくり!

This trip back home for my buddy’s wedding was the first time in a year-and-a-half for me to be in Seattle. During those 18 months, Japanese cuisine has really permeated American cooking.

One example:

When I went to my brother’s place, he barbecued some steak for me...

もっと読む

B級グルメの和洋折衷:カツバーガー Best of Both (Fast Food) Worlds: Katsu Burger


The fabled Katsu Burger

友人の結婚式の為に里帰りした時に食べたカツバーガー。お店の日系人オーナーが日本のB級グルメ代表の豚カツとアメリカのファストフード代表のハンバーガーを合わせた作品。

素晴らしい発想!噂は前から聞いていたので今回の里帰りで始めた食べた。無茶苦茶美味しかった。

両方の良い所を生かす:それは私達日米関係者の役割。

Japan’s “B-Grade Gourmet” leader tonkatsu,
and America’s fast food king the hamburger,
combined to make the Katsu Burger.

The Japanese owner of Katsu Burger restaurant in Seattle’s Georgetown district came up with a doozy with this combination...

もっと読む

戸倉上山田温泉のカタクリ際@佐良志奈神社 Katakuri Flower Festival at Togura Kamiyamada Onsen’s Sarashina Shrine


Katakuri-sou, aka “dogtooth violet”

戸倉上山田温泉のカタクリ祭が今週の土曜日、4月14日、10:00〜15:00。場所は佐良志奈神社です。

亀青旅館の新しい貸切露天風呂の庭にも咲いています。

Japan seems to have a fascination with delicate flowers. Cherry blossoms are of course the most obvious, but, for example, this has to be the only country on earth to organize festivals dedicated to skunk cabbage (see Kinasa, Togakushi, et al). I admire this appreciation for Mother Nature.

Here in our onsen town Togura-Kamiyamada, I’ve mentioned in the past how a grove of tiny setsubun-sou flowers has a group of volunteers dedicated to its preservation and that a festival is held in their honor.

On our side of the Chikuma River is a groupi...

もっと読む

2世代の着物 A Two-Generation Kimono


Daughter and … Mother

私達欧米人に日本の「着物」はものすごく魅力があります。着物の世界が奥深い;
知れば知るほど感心します。
色、模様、形、帯の結び方、素材、着る規則など等

夕べは上山田神楽保存会の新年会でした。日本酒を飲みすぎる前にメンバーの清水さんが娘の成人式の写真アルバムを見せてくれた。娘さんの木蓑の姿が素晴らしかった;上田城や生島足島神社の背景で、素敵な絵になりました。

アルバムの最後は娘さんの決まりポーズ(左)と、同じ着物を着ているそっくり方の同じポーズ(右)。清水さんご本人の30年(?)前の成人式写真。

親子、同じ年、同じポーズ。...

もっと読む

補助金、補助金、どこでも補助金 Subsidies Here, Subsidies There, Everywhere Subsidies


Cost- and Guilt (?)-free hinoki bookcase

千曲市はお金がないから「花いっぱい運動」中止。

国はお金がないから東北復興のために消費税増?

との背景で、最近はあちらこちらから補助金を使ってちょうだいと責められています。

県の100%補助で子育て応援品(おむつ変えテーブルなど)、
喫煙ルーム整備の補助 (JTの匂いするけど…)
東電から春のインバウンドキャンセルの負担金 (それを請求すれば、8月の観光客が東北へ行かずに長野に来て、儲かった分を返すようになる?)
地元の銀行から特別低い金利を使って改善 (改善はするけど借金はまだあるのにまた借りるのはどうか)

行政は花の為の...

もっと読む