カテゴリ: 日米関係Culture Shock

菖蒲湯は長野で6月5日(旧暦のこどもの日) Shobu (Calamus) Bath for June 5th (in Nagano)

菖蒲湯(しょうぶゆ)。 普段はこどもの日に合わせて5月5日ですが、雪国である長野県の場合、菖蒲の成長が1か月遅れて、旧暦のこどもの日との事で、菖蒲湯は6月5日です。

うちの前島おじさんによると:

端午の節句は「菖蒲の節句」とも伝われ、菖蒲湯に入ることで邪気を払い厄病を除くと伝われています。実際菖蒲に含まれる「精油」という成分が、血液の循環を良くし、新陳代謝を促すことで、疲れを取る効果があるといわれています。

古代のエジプトやギリシア、ローマで菖蒲が香水や薬として使われているらしい。

古代から今日の亀清の温泉へ、菖蒲の力で健康になるように!

6 05 2015 shobu
Shobu ...

もっと読む

ミャンマーからの学生は伝統的な温泉宿大家イン Myanmar Students Experiencing a Stay at a Traditional Onsen Ryokan


千曲市はミャンマーから学生の団体を受けました。週末はホームスティーだったけど、平日は我が亀清旅館にお泊りになった。ほとんどの学生は初めての海外経験だったので、いきなり畳と浴衣の世界でした。最初は違和感があった様でしたが、最後の夜は亀清のロビーで薪ストーブの周りで集まって頂いて、ストーブの上で温めたアップルサイダーを配ったり、ポップコーンを焼いて皆で食べた。その時に学生の皆が浴衣を着て、参加してくれた。短い間だったが、あっという間で日本文化に馴染んできた。

今回の学生が工学部でした。中には、すごい研究している方もいらっしゃった。例えば、目の見えない人の町を歩く時のナビの為に杖にGPSを取り組んで、グーグルマップと連携を取って、音声の道案内が出来るようにとの研究。...

もっと読む

看板書き方を学ぶのに8年間 8 Years to Learn How To Write Names


日本旅館のおもてなしは玄関からも始まります。お越しになるお客様のお名前が書かれた看板でお迎えする訳。

亀清旅館では主に私と若女将がいつも書いています。自分は大きい気持ちでお客さんをお迎えしたいので、いつも大きく書いています。横並びなら字が小さくなるから、今までは縦並びで書いていた。そして、いつも女将社長に「日本人は縦並びで書かない!」と怒られていた。並び方はどうでも良いと思って、私なりにいつも元気な字で書いていた。

つい最近、ある友人が「下の欄で書かれた人が可愛いそうじゃないか」と教えてくれた。お客様は一人一人「トップ」として迎えた方が良いとのアドバイスをくれた。...

もっと読む

青木棒 Aoki Pole


「日本の生活は慣れましたか?」とよく聞かれます。「完璧に慣れたよ」と思い込まないようにうんと気をつけます。忘・新年会の時期でそれを思い出された事件がありました。

この時期は一人一台のお客様が多い為に、駐車場管理が難しいです。車の間はぎりぎりまで止めたりする。我々アメ人はその場合、ぶつけるまでバックするという習慣。ある日、お客様から「車が傷された」との怒りのお電話を頂いた。「対応しますから写真を送ってください」とお願いした。

しかし、その夜、私が布団ひきしている最中、外は雪が降っていて、奥様と赤ちゃんを連れて車を見せに来た。光を当たらない限りで見えない凹みは2つがあった。「俺の車は後ろのとぶつけっただろう」とガンガン怒っていらっしゃった。「そうだよ。車のバンパーはそのためだよ」と正直に言ったら、「アメリカはそうかもしれないけど、日本...

もっと読む

秋月際: 新築お祝いで吃驚 Surprising Lion Dance at a House Dedication


この秋分の日連休は上山田神楽保存会の一年間の中でのピークです。上山田のそれぞれの神社の秋月祭で大忙しい2日間となる。

今年も私は応援で1日目で八阪神社の、二日間目は上山田温泉を守る波閉科神社の秋月祭で獅子笛を吹きました。二日間連続の長い一日。

秋月際はそれぞれの役員の自宅でも獅子舞を行い、町中で行列をする。そのついでに新築の家にも呼ばれる事がある。その時に、居間で舞って、そして水回り(台所、お風呂場、トイレ)も回って、お祓いをする。私が笛を吹きながら一緒に巡る。

今回は初めて気づいたが、新築の自宅のお祝いで家中にお祓いする時に、獅子の口に刀が挟んである。...

もっと読む

秀吉、リンカーン、三島: 庭師の小口基實先生との会話 Hideyoshi, Lincoln, Mishima: A Converstion with Gardening Master Motomi Oguchi


秀吉豊臣、
リンカーン大統領、
三島由紀夫、

と日本庭園の先生?

私は旅館の若旦那となって様々な分野の勉強をする事になりました。その一つは庭、つまり、日本庭園。もっと言えたら、その全てが庭。と言うのは、日本庭園とそれと外せない茶道、特に茶道の中の「茶室」は「音楽以外日本の文化の全てが入っている」。

その教えは私からではなく、庭師の小口基實先生からです。私が日本庭園の勉強の為に先生のお書きになった本「日本庭園の作り方」から始まりました。竹の割り方の様な単純な作業から滝の作り方まで様々日本庭園の事が親切に説明されているこの本に感動しました。庭を見る方の目線、喜びを取り入れた庭作りに関心もしました。...

もっと読む

会席料理って、どこから食べる?刺身ルール Where do you start with a Kaiseki dinner? The Sashimi Rule


上山田温泉旅館組合の総会が晴山さんで行われた。その後の懇親会でこんな豪華な刺身が出ました。折り紙の鶴は良い演出ですし。大変ご馳走様でした。

ちなみに、亀清旅館で外国のお客様に会席料理を出す時に必ず聞かれます: 「どこから食べたら良い?」

つまり、あんな品数に慣れていない訳。旬の物、酢の物、お造り、台の物、蒸し物等など、あまりにも多い品数で驚きます。どこから食べるのに悩んでしまう。

そこで、私がいつも答えるのは、

二つな考え方がある。
一つは温かい物から。焼き魚とか茶わん蒸しは冷めない内に食べた方が美味しいから。
もう一つは、人間っていつ死ぬか分からないから、刺身から食べた方...

もっと読む

日米関係の駐車係Valet Parking — Japan vs. America


My specialty — cramming lots of cars into a small space

ハワイの弟の家でその息子の1歳の誕生日パーティーがあった。70人ぐらいで大騒ぎだった。

車も大勢で来たので、私が駐車係りになった。

亀清旅館の若旦那として沢山の車を狭い所で整理するのは慣れているけど、今回の作業でショックがあった。
車の大きさの違いではなく(確かにアメリカで馬鹿でかい車が多い!)、
そのショックはあるお客さんが「車を遠く置かないでください」と言った。ワンちゃんとか貴重品が入っていると思ったら、「鉄砲が入っているから」と。

私は亀清旅館でお客様の車を何千台直した中で「鉄砲がある」と一度も言われた事がない。...

もっと読む

日本建築・・・ヒロで?! Japanese Architecture … in Hilo?!


写真は弟の家です。

鳥居の様な門。瓦。

これは日本じゃない。
ハワイ島のヒロ市です。

弟の家の県知佳が日系人だったそうです。中に骨董品の欄間もあって、尚且つハワイの代表のコアの木の内装。

兄弟で一人は日本の伝統的な温泉宿を守り、一人はハワイ島で日本的な家に住んでいる。

不思議なつながり。

This is a picture of my middle brother’s house in Hilo.

A gate that looks like it’s from a Shinto Shrine.
Traditional ‘Kawara’ roof tiles.

His house looks like it belongs in Japan, not Hawaii.

It turns out the architect is Japanese, and he infused the house with details from his home country. You should see the antique ‘ranma’ transoms in the master bedroom...

もっと読む

ゆるきゃらは広まり過ぎ?信州だけでも100+ Yuru-Kyara Explosion: 100+ In Nagano


100+ Nagano Yuru-kyara

お正月の新聞で「長野県のトップ100ゆるきゃら」の紹介を見つけました。千曲市は屋代商店街のヤシロウが載っていた。この戸倉上山田温泉の「温泉まんじゅサン」はこれからデビュー?

とにかく、ゆるきゃらは最近、広まり過ぎない?どこまでが良いPR化、どこまでが自己満足か、疑問がございます。もっと効果のあるPR活動・町興し運動があるのではないかと思いますが。長野県だけで100+?全国で何万個があるでしょう。
この間、県観光課の主催の公園で、講師が県は一生懸命「アルクマ」と言うPRキャラクターを宣伝しているけど、
県内では結構馴染んできて、愛され...

もっと読む